コンテンツへスキップ
slider_14
slider_13
slider_12
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
m-slider_14
m-slider_13-1
m-slider_13-2
m-slider_13-3
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

The minimal blog

保育の基本

子どもたち一人ひとりの発達そして思いに寄り添って、「睡眠」「食事」「遊び」を基本とした保育内容をつくります。子ども自身が成長しようとする力を大切にして。


詳しく見る

園の紹介

こぐま保育園の保育理念は「子どもを真ん中に保護者と保育士が共に育ち合う」、共育てです。保護者と保育士、保護者と保護者がつながり、信頼し合う関係のなかでこそ、子どもたちも豊かに成長することができます。

詳しく見る

保育内容

1年間を通して、ひな祭り、端午の節句、七夕などの伝統行事を食や遊びを通して、子どもたちに伝えていきます。この他に毎月、お誕生日会や父母会活動も園の行事として取り組みます。

詳しく見る

こぐま保育園スタッフを代表して

園長よりご挨拶

こども自身が主人公として、保育者や友だちと関わり、「今日も一日楽しかったな~」「明日も楽しいかな~」、時には「悔しいな~」と思うこともあり、いろんな思いの丈を体験する中で、「でも頑張ろう」「自分ってなかなかやるじゃん」と、自分を大切に思える力が育って欲しいと思います。 子どもの日常の遊ぶ姿を見ていると、その一コマ一コマが真剣で、まさに全身全霊で取り組んでいるように、私の目には映ります。だからこそ私たち保育者は、こども一人ひとりに寄り添い、乳児期から幼児期前の大切な「自分づくり」の時、それは人が人となるための壮大な物語の萌芽であると捉えて、保育実践に取り組んでいます。 生まれてはじめての集団保育の場が、一日一日かけがえのない日であることを心から願う父母と保育者が、共に手を結び、一緒に歩んでいく、それがこぐま保育園です。

園長 松永克子

園の紹介を見る

greeting_1
greeting_2
previous arrow
next arrow

子どもをまん中にして
父母と保育士が共に学び育ち合う

こぐま保育園の食事

詳しく見る

入園のしおり

詳しく見る

よくある質問

詳しく見る

お誕生日会や園イベントなどの様子!

保育ブログ

ブログを見る