コンテンツへスキップ

園の紹介

保育の理念

設立の背景

こぐま保育園は1962年に開所しました。
50年前の日本の社会では、女性が外で働くのは結婚するまで、「結婚したら家庭に入り家事に専念する」というしきたりが根強くありました。
1945年に敗戦を迎え、新しい憲法が制定され、法の上では女性は男性と同等の権利を得ました。けれども産休の取れる職場は少なく、また産休明けの乳児を預けられる施設はありませんでした。出産を契機に職場を去るか、母になることを諦めるかという状況が続く時代に、働く人たちの力で、こぐま保育園はつくられました。保護者と保育者が同じ働く仲間として尊敬し、助け合い、園を運営してゆく共同保育所の誕生です。
「安心してあずけられる保育所」づくりは、働く人々の強い願いであり、互いに連帯して、公立保育園増設の運動へ広がってゆきました。

保育園は父母と保育士が力を合わせて楽しく子育てをし共に育ち合う場

子どもをまん中にして、父母と保育士が共に学び、共に育ち合っていくのがこぐま保育園です。一人ひとりの子どもを大切に保育し、日々の保育時や、保育懇談会等で父母と保育士が信頼し合い、何でも話し合えるあたたかい人間関係を大切にしています。
 また、父母会や行事等を通して父母同士の交流を深めます。
子どもも、父母も、保育士もみんなが主役のこぐま保育園です。


日頃の保育ではこんなことを実践しています

  • 1才を目安に6人ほどの小グループをつくり、子どもどうしの交流・成長を大切にしています。
  • 毎日、外へ散歩に出かけます。
  • 赤ちゃんは近くの公園で外気浴をします。保育士に抱っこされてゆったりとすごします。
  • 産休明けの赤ちゃんも保育士に抱っこをされて、公園で外気浴をします。
  • 冷凍母乳を行っています。
  • 嘱託医による健康診断を行います。

施設の概要

  • 建物:鉄筋造3階建ての1階
  • 施設:計2室(51.28㎡・冷暖房完備)
    • 保育室:2室(37.5㎡)
    • 調理室:1室(3.7㎡)
    • 便所:2室(2.32㎡)
    • その他:1室(776㎡)

園の運営

園の運営は、「特定非営利活動法人こぐまの会」が主体となり、定款に基づき、保育事業を行っています。

名称 こぐま保育園
設立年月 1963年8月1日
設置者 特定非営利活動法人 こぐまの会
代表者 理事長:村上 均
施設長 園長:松永 克子
定員 0歳児 9名  1歳児 6名  計15名
開園時間 7時30分~20時30分まで
職員数 施設長 1名  保育士 4名  非常勤 3名  調理 2名
嘱託医 旗の台アレルギー・こどもクリニック
院長 北村 耐
住所 〒142-0064
東京都品川区旗の台2丁目7番17号
TEL: 03-3783-0880

こぐま保育園の見取図

園内の様子を、園児のお母さんが描いた手書きイラストでご覧ください。
2014年12月に、子どもたちがより過ごしやすいよう保育室をリニューアルいたしました! リニューアルの様子はこちら

園へのアクセス

こぐまの会の目的

この法人は児童福祉法ならびに子どもの権利条約の理念に基づき、地域の保育を必要とする児童への支援ならびに子育てをする親への支援に関する事業を行い、地域における保育や子育て環境の向上に寄与することを目的とする。